甲府盆地上空を飛ぶ宇宙ステーション


1月19日の夕方、地元テレビ局のニュースを見ていると「今日の18時過ぎに宇宙ステーション『きぼう』が甲府盆地上空を飛ぶ」とアナウンサーが話していたので、ネットで飛んでくる方角を調べ(倉敷科学センターのサイトを参照)、カメラと三脚を持ち出しました。気持ちとしてはもう少し尾を引く形で軌跡を撮りたかったのですが、速度が意外に速く、この軌跡が精一杯でした。

倉敷科学センターのサイトでは県別、日別にどんな方向からどんな方向へ、そして何時ごろ飛ぶかを確認することが出来ます。
天気予報とこのサイトを確認しながら、またチャレンジしてみますね。

県外の方に「山梨は雪が多くて大変でしょ?」と言われることが良くありますが、冬の山梨はほとんど雪や雨は降りません。
晴天が多い分、放射冷却でよく冷え、先日も朝の気温マイナス8℃を記録しました。
寒いですが、晴天で夕方から朝にかけては空が鮮明に見えるの星空も綺麗です。
寒さの恩恵に与って、1月2月はカメラを持って、時間の許す範囲で県内を歩いてみようかと思います。