デラウエアーの花が咲きはじめました


例年よりもだいぶ早い梅雨入り宣言が各地で発せられるなか、山梨はここ数日、天気予報の雨マークを裏切って来ましたが、今日は11時頃から降り出し、午後の作業はお休みとなりました。
雨の中、日曜日(5月16日)にジベ処理を行った、デラウェアーの様子を見に行くと、ほんの僅かですが花が咲く出してました。

花とは言っても、ぶどうの花は地味で上の写真の「ヒョロヒョロ」してるのが花なんです。

さて、話を天気に戻しますと
今年は3月から4月の気温が高く、ぶどうの生育は例年に比べて8日ほど進んでいましたが5月は気温も低く、ここまで駆け足だった成長度合いもペースを落として足踏み状態でした。
デラウエアーのジベ処理、理想の適期が3日間くらいに限られるのですが、この足踏みと梅雨前線の影響で、なかなか実施できず「今日出来ないとヤバい」と話していたのが16日。
この日も朝から雨、昼食後に雨は上がったものの、夜と翌日は雨予報
ジベ処理後に雨が降ると雨量に応じてJAから「やり直し」のメールが届きます。8人で5時間かかった仕事を3人でやり直すのは「辛いなー」とは思いながらも、これ以上先延ばしも出来ない、やり直し覚悟で13時過ぎから作業をはじめて17時過ぎに終了。
そして、その後の天気予報は見事に外れ、夜間と翌日の降雨はほとんど無く、天気予報から見ると、奇跡的にやり直しは逃れた次第です。


梅雨入りが早いと、また病気の心配も出てきますが
ま、しょうがないですね
自然相手の職業なので。